ホメオパシーとは?


ホメオパシーとは、約200年前にドイツのハーネマンが確立した「同種療法」と呼ばれるものです。

自然の法則に基づいたこのやり方で、もともと持っている自己治癒力を触発し、
自分の力で健康になるという方法です。



 〜同種〜

その自己治癒力のスイッチを入れるために使うのが、自然界にある植物、鉱物、動物などから作られている、「レメディ」という砂糖玉(または液体)です。

身体に症状があるときに、その症状と同じような特徴を持っているレメディを摂ることで(=これが同種。身体の症状とレメディの特徴が同じ!)治癒力をアップさせ、良くなっていくというやり方です。傷や怪我のケアでは、すみやかに正しく修復していくように身体の機能を後押しします。

自分の持っている治癒力、免疫力を使って良くなるということです。

例えば、ひどい高熱で、顔は真っ赤、目はウルウル〜、って時は、同じような特徴を持つ「Bell/ベラドーナ」というレメディーを摂ります。 自分と同じ種類のレメディが入ってくることでスイッチが入り、それを治そうとする力が加速するような、そんなイメージです。


 〜希釈震盪(きしゃくしんとう)〜

レメディは、材料となる物質を希釈震盪(薄めて、叩いてっていう作業)して作りますが、もともとの物質が見えなくなるほどまでに薄めてしまうのでレメディの中には原物質は全く入っていないか、入っていてもほーーーんの少しという感じになってます。

”物質がない”っていうのは大きなキーワードです。物質がないから、レメディによる副作用は起こらないので、こどもから老人まで安心して使えるツールです。


 〜好転反応〜

ただし、治っていくために必要な反応は起こるので、外に出すべきものはしっかり出すことが大切になります。例えば、熱が出たり、下痢になったり。(←人によって違ってくる)治るために出てくる症状はなるべく止めずに、早く押し出せるようにと考えるのがホメオパシーです。

すみやかに回復するためには、肝臓、腎臓、脾臓などの器官がしっかりしていることも重要なので、それらの臓器の機能を高めるアプローチも欠かさずにやっていきます。


 〜症状はありがたい〜

大事なポイントは、「症状はありがたい」という考え方。心や体に現れている”症状”が”病気”なのではなく、”症状”は元の状態に戻そうとする体の反応ととらえます。例えば、咳や鼻水は侵入してくる異物を追い出すためのもの。熱はウイルスや細菌をやっつけようとして上がるもの。体の免疫機能が働いているということです。


 〜抑圧による慢性化〜

せっかく良くなろう、元に戻そう、として起こる症状を押さえ込んでしまうと、きちんと治らないまま、状態はどんどん慢性化してゆきます。ホメオパシーは、このように慢性化して深くなってしまった状態を元に戻して行くアプローチも得意です。

(長くお薬を摂っていたり、たくさん予防接種したことが病気の原因となっている場合は、トートパシーと呼ばれる、原因となった物質そのものを希釈震盪したレメディを使うこともあります。)


 〜個々にあわせた方法で〜

持って生まれたモノも、現状も、100人100色、みんな違うものです。同じ病名がついていたとしても、症状の出し方が違ったり、個々の歴史、環境はそれぞれのものなので、治癒へのアプローチはその人によって異なります。
今出てる症状だけを診るのではなくその人全体を診て方法を組み立てるというオーダーメイド的なスタイルも大きな特徴のひとつと言えます。


 〜基本は生活習慣の改善〜

ホメオパシーで自己治癒力のスイッチを入れて、体の反応を高めていくことはできますが、こうなってしまった生活スタイル、食生活、考え方のクセ等を見直し、修正していくことが真の健康を目指す上では不可欠です。



ホメオパシーで良くなっていくために必要なことは、
”誰かに治してもらう” のではなく ”自分の力で治るのだ” という気持ち
人まかせにせず、自分が主治医であるという意識がとーっても大切です。



ホメオパスが治してあげるのではなく、あなた自身が自分の治癒力で治すのです。
その治癒力を最大限引き出すためにサポートするのがホメオパスの仕事です。



詳しくはこちらを参考に→→ホメオパシーライフ.jp「ホメオパシーとは」